綺麗な写真が撮れると、ちょっとうれしい!
by curiko3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
動脈硬化の予防
【動脈硬化を予防する食事法】

1.食べ過ぎない(腹八分目)
食べるときはよくかんで、ゆっくりと食事を摂り、満腹になるまで食べ過ぎないようにしましょう。
間食や夜食は控えるように。

2.脂肪の量と質を考える
肉の脂身やバターやマーガリンなどはなるべく控えて、植物油やオリーブ油、魚に含まれる脂肪などを意識的に摂るように。
エゴマ油や青魚やマグロは特に良い。

3.コレステロールを控える
肉の脂身や内臓、鶏肉の皮、玉子、魚の卵や卵巣、エビ、イカなを控える。

4.砂糖や果物(果糖)を摂り過ぎない
砂糖(ショ糖)や果糖は摂取すると血糖値が急上昇するので、なるべく控えましょう。

5.大豆類を積極的に摂る
大豆に含まれる大豆たんぱくは、血清コレステロール値を低下させることがわかっています。
また、納豆には血液の粘度を下げ、血液をサラサラにする効果もあります。

6.食物繊維を十分に摂る
野菜類や雑穀類、サツマイモ、コンニャク、キノコ類、海草類などには食物繊維が豊富で、食物繊維にはコレステロールを付着させ体外に排出する作用がある

7.アルコールは適量に
お酒の飲みすぎは、動脈硬化を促進します。
一日にビール(中瓶)1本、赤ワインをグラス1杯くらいに抑えましょう。
そして週に2日はアルコールを控える日を。

8.抗酸化作用のある食べ物を多く摂る
緑黄色野菜にはβカロテンが、果物類やピーマン、ブロッコリーなどにはビタミンCが、ナッツ類などにはビタミンEが豊富に含まれています。
お茶(カテキン)や赤ワインなどにふくまれるポリフェノール、トマトに多く含まれるリコピン、玉ネギなどにも高い抗酸化作用があります。

9.塩分を控える
塩分(ナトリウム)を摂り過ぎると高血圧の原因となります。
1日の摂取量を10グラム以下、できれば7グラム程度に抑えましょう。

10.水分を多めに摂る


*--*----*-*--*-*-*-*-*----*-*-*-*--*---*--*-*
おねがい!
お腹の脂肪を減らしてね!
[PR]
by curiko3 | 2010-09-03 22:27 | ■日々是好日 | Comments(0)
<< パキラ増殖。 残暑お見舞い申し上げます。 >>