綺麗な写真が撮れると、ちょっとうれしい!
by curiko3
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ:■季節の花々( 78 )
秋の気配
f0056278_2314295.jpg山で見たススキが河原にもあった。

こんなに暑いのに、秋になるんだ‥‥
また季節はかわって行くのか〜


不器用でも、
前に進めれば‥‥
いつか必ず、結果につながるんだよ!
[PR]
by curiko3 | 2006-08-21 23:06 | ■季節の花々 | Comments(0)
花のあとには実。
f0056278_2312079.jpg庭の端っこに植えたピーマン。
食べられる程の大きさに成長。

パプリカピーマンなので
これから赤くなっていくはず‥‥
かなり楽しみです。
[PR]
by curiko3 | 2006-08-18 23:14 | ■季節の花々 | Comments(0)
恒例、夏山散策(遭難体験)
8月15日昨年に続き、この夏休みも那須へ。
三本槍岳を目指し、登山口(鏡沼分岐)を出発。f0056278_2123757.jpg
歩き始めて30分程で鏡ヶ沼到着。
モリアオガエルの生息地。
驚く程の数のおたまじゃくしの群れを見る。

鏡沼→稜線にでるコース(20分)で、まず一苦労。
背丈程の笹薮をかき分け進み、ロープ頼りの急斜面を登って、やっと稜線。
途中、慌てて着た合羽がびしょぬれ‥‥

三本槍岳をめざし分岐点までf0056278_21292950.jpg視界不良の中、歩きつづけ、とりあえず分岐到着。
ここで、雨脚が強くなり、珈琲タイムも諦めコースを変更。

大峠まで下るコース。
(この距離が長く感じられた)
ちょうど見頃の花々に慰められる
しかし雨で靴の中までぬれる。

f0056278_21583343.jpg大峠に着いて、ようやく帰り道。
しかし、この道が途中で二手に別れていたため
一方を選択して歩くが、
道を間違ったようで不安になる。
ふたつの道が合流したことを確認して
少し気持ちが落ち着いた。

出発点の林道に戻った時には10台程の車は既に無く
私達が最後‥‥でも無事に帰れたことに感謝!!

f0056278_21502592.jpg


今回は5時間の山歩き
ラクじゃなかったけど
「私、まだ頑張れそう」
そう思えたことが収穫です。
[PR]
by curiko3 | 2006-08-16 22:03 | ■季節の花々 | Comments(0)
今年も
f0056278_2125266.jpg


近所の古代蓮『谷柏のハス』
今年ももうじき満開です。

蓮、宇宙を感じてしまう花。




f0056278_2347331.jpg

[PR]
by curiko3 | 2006-07-26 22:46 | ■季節の花々 | Comments(0)
ネジ花、咲く
f0056278_23453123.jpg

クチナシも最後の一輪。
しばらくは甘い香りに心和む日々でした。

ウチョウランも花の季節が終わります。
でもネジバナが咲きました。
いずれも可憐な姿です。


毎日毎日、雨ですが、そろそろ梅雨明け間近でしょうか。
[PR]
by curiko3 | 2006-07-18 23:55 | ■季節の花々 | Comments(0)
芍薬
f0056278_10375627.jpg

南陽市 諏訪大社芍薬神社へ出かけてきました。
マゼンタ色の芍薬に見とれ、数ある品種をみてまわりました。
かなり不可解な名前もありましたが、一様に見事な花々。
さすが美人の代名詞!!  6月14日まで「しゃくやく祭り」です。
f0056278_10453492.jpg

[PR]
by curiko3 | 2006-06-12 10:43 | ■季節の花々 | Comments(0)
シラネアオイ
f0056278_23273937.jpg

[PR]
by curiko3 | 2006-05-23 23:28 | ■季節の花々 | Comments(0)
水芭蕉と雪椿
f0056278_2161937.jpg今日の山形は最高気温29.1℃、今年一番の暖かさ(暑さ?)だそうです。
この陽気に誘われて、ちょっと遠回りでの帰宅道「水芭蕉と雪椿」を見てきました。
山形市少年自然の家に行く道の途中から東へ向うこと3Km位でしょうか。
f0056278_2164111.jpg
野生の雪椿、その足下には見事な水芭蕉の群生。いずれも花の見頃は過ぎていましたが、近場にこんなところがあったのかと驚きでした。市で管理されているのか、木道が整備され案内板の表示もあり、仮設トイレまで設置されていました。きっと多くの人が訪れているのかも知れません。
来年は花時の4月中旬に来たいと思います。
[PR]
by curiko3 | 2006-05-22 21:11 | ■季節の花々 | Comments(0)