綺麗な写真が撮れると、ちょっとうれしい!
by curiko3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
デザインだけでなく、すべての開発の場所にいる人に
1.強い好奇心
  興味を持ったら理解するまで調べる。
 
2.想像力
  アイデアとタイミングを活かして当たり前ではないものを見いだす。
 
3.客観的で自覚的であること
  自分のできること、していることを客観的に見ること、またそれを意識的にできること。

4.きっちりしたコミュニケーション
  ビジネスの言葉とデザインの言葉は往々にしてズレています。
 そこをきちんとコミュニケーションを通して解決していきましょう。

5.効果的な物語作り
  なぜこういうデザインにしようとするのかをきちんと語れるようになりましょう。
 時には詩的な表現でも有効です。ターゲットに即した物語も有効です。
 きちんと説得できる物語を用意しましょう。
 日本みたいにターゲットを明確にしないと売れない場所では特に重要です。

6.さっさとやる
  自分で考えると言って貯め込まないこと。
 自分が流れのボトルネックにならないこと。

7.ビジネス目線
  常にクライアントや市場を考慮してのデザインであること。

8.地球目線
  今や環境問題や世界市場を意識することは当然のこと、ということになってます。
 これを常に意識しておかないといけません。

9.今する理由
  今それを作る理由という質問に常に答えられるようにしておきましょう。

10.才能
 才能というのは常に磨くべきものだと思います。

(デザインの扉より メモ)
by curiko3 | 2009-08-04 11:18 | ■works | Comments(0)
<< あっという間に夏休み、終わる。 夏の日 >>